永井産婦人科病院
【情 報 館】
胎児3D超音波画像


●3次元(3D)超音波画像のしくみ
多数の2次元(2D)超音波画像の情報から、上下方向(top view)あるいは側面方向(side view)から見た3次元(3D)画像をコンピュータ処理して作成します。
今までの2次元(2D)超音波画像では分かりにくかった胎児の顔の表情や立体構造などがよく分かるようになりました。
3次元(3D)超音波は、開発されて十数年足らずのまだ開発途上の技術で、更なる発展が期待されます。

$FE《戻る》