永井産婦人科病院
【Q&A集】
不妊・不育症のQ&A@

【Q506】排卵誘発剤を使用していますが、心配です。
【A506】排卵誘発剤は、排卵障害や無排卵症などの不妊治療に不可欠な治療薬で経口薬と注射薬があります。排卵誘発剤は、1個だけの排卵を誘発することは難しく、多くは数個以上の排卵が発生します。また、その薬剤に対する感受性も個人差が大きいため過剰排卵となったり、時には卵巣過剰刺激症候群となって下腹部痛が出現したり腹水や胸水が溜まり入院が必要になることもあります。過剰排卵で妊娠すると多胎妊娠になることがあります。
しかし、現在は超音波断層法診断装置などでこまめに観察を行うとこのような症状をある程度回避できますので、排卵誘発剤を使用している方はきちんと診察を受けるようにして下さい。下腹部痛や下腹部膨満感、体重増加、呼吸困難などの症状が現れたときには、必ず治療を受けている医療機関を受診して下さい。

$FE《戻る》