永井産婦人科病院
【Q&A集】
不妊・不育症のQ&A@

【Q502】不妊症の原因には何がありますか?
【A502】不妊症の原因には様々なものがありますが、またいくつかの因子が複雑に関わっている場合があります。
おおよそ排卵因子が10〜15%、卵管因子が30〜40%、頚管因子が10%、男性因子が30〜40%、原因不明が10〜25%あると言われています。
不妊症の原因
1.内分泌因子(排卵因子)
無排卵(視床下部・下垂体系の異常、多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症、卵巣機能障害、副腎疾患、糖尿病など)、黄体機能不全、黄体化未破裂卵胞症候群
2.卵管因子
卵管閉鎖・狭搾、卵管内膜の障害、卵管周囲の癒着
3.子宮因子(着床因子)
子宮奇形、子宮発育不全、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎、子宮腔癒着症
4.頚管因子
頚管粘液産生不全、頚管粘液・精子不適合
5.男性因子
造精機能障害、精路障害、副性器障害、射精障害
6.免疫学的因子
抗精子抗体
7.その他
性交障害など

《戻る》