永井産婦人科病院
【Q&A集】
お産のQ&A@

【Q201】分娩の所要時間はどれくらいかかるのでしょうか?
【A201】分娩の進行は分娩の3要素によって左右されます。分娩の3要素とは@産道(骨盤と子宮口や膣などの軟産道)、A娩出力(陣痛といきみ)、B娩出物(胎児や胎盤・臍帯)のことです。産道と胎児の関係異常である回旋異常や娩出力の異常である微弱陣痛などが分娩所要時間に影響を与えることがあります。
分娩経過は、@分娩第1期(分娩開始から子宮口全開大まで)、A分娩第2期(子宮口全開大から胎児の娩出まで)、B分娩第3期(胎児の娩出から胎盤の娩出まで)に分けられます。その中で分娩所要時間の大半が分娩第1期で、その中でも陣痛開始から子宮口が3〜4p位開く潜伏期が約70%を占めます。
平均分娩所要時間は、初産婦で12〜16時間、経産婦で5〜8時間で、初産婦で30時間を超える場合、経産婦で15時間を超える場合を遷延分娩といいます。

《戻る》