Q&A集/妊娠のQ&A/128
妊娠中のQ& A

【Q128】 妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると奇形児が産まれる可能性があると聞きました。妊娠2か月位の時に豚レバー100g程を知らずに食べてしまいました。赤ちゃんに影響がありますか?
【A128】 ビタミンAは、網膜の正常機能や網膜の形成に必須な物質で、この他にも骨の成長、胚胎発育・成長の調節、上皮組織の分化のために必要です。一方、ビタミンAは排泄されにくく蓄積作用があり、過剰摂取により急性症状は小児の大泉門膨隆、意識障害(傾眠傾向)、吐き気、嘔吐などがみられます。慢性症状は小児では食欲不振、頭痛、嘔吐、関節痛、肝脾腫、貧血、骨過形成、骨膜増殖などがみられます。また、妊娠初期にお母さんがビタミンAを過剰摂取すると赤ちゃんに奇形を発生することがあります。
米国食品医薬品局によると、ビタミンAの大量摂取により奇形が発生した18例の報告があります。その中の17例は1日に25,000IU以上の大量のビタミンAを長期間摂取していました。残り1例は、偶発的に500,000IUを1回服用してしまった症例があります。発生した奇形は、小耳、脳・頭蓋・顔面の異常、顔面裂、無眼球症、尿路異常、短肢、顔面麻痺、消化管閉鎖などでした。
豚レバーには、ビタミンAが多いことはよく知られています。豚レバー100g中には43,000IUのビタミンAが含まれています。
ご質問の方は豚レバー100gを1回のみ食べただけですから、奇形が発生する心配はないと思われますが、念のため超音波断層法検査などで胎児に異常がないかどうか調べてもらってください。
妊娠初期には、ビタミンAの摂り過ぎに注意してください。