Q&A集/妊娠のQ&A/107
妊娠中のQ&A

【Q107】 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を防ぐには、どうしたらよいですか?
【A107】 妊娠高血圧症候群はいったん発症してしまうと妊娠の中断以外に治すことが難しく、予防する事が大切です。
妊娠高血圧症候群の大半は妊娠中の食事を主体にした不摂生からおこります。普段から塩辛いものをとりすぎないよう、特に妊娠中は塩分を控えて薄味にするように心掛けてください。良質の蛋白質を含む食品(乳製品、豆腐などの大豆加工品、卵、新鮮な魚、脂肪分の少ない赤身肉、鶏の胸肉やささみ)をとりましょう。糖分や動物性の脂肪は控えるようにしましょう。体重も毎日注意して、1週間に 500g以上は増えないようにしましょう。
妊娠中は無理をしないで、疲れがたまらないようにゆっくり休みましょう。ちょっとした無理や油断が、後で取り返しのつかない事態になることがあります。