News

2021.5.【新型コロナウイルスの変異ウイルス検査】
引き続き新型コロナウイルス感染が拡大しており、感染力の強い変異ウイルスの増加が注目されています。
当院では妊娠36週と妊娠39週の妊婦さんにPCR検査を実施しています。今までに当院では約1080件のPCR検査を実施しましたが、幸いにも陽性の方は出ていません(5月1日現在)。万が一陽性の場合は、変異ウイルスの同定も行います(無料)。
妊娠中の方は、不要不急の外出は避け、家族の方も水際対策を徹底して新型コロナウイルス感染に罹らないように注意してください。
2021.2.8【新型コロナウイルスの抗原検査】
新型コロナウイルスの抗原検査が当院で出来るようになりました(保険適用)。
妊娠中の方で、発熱・咳・味覚嗅覚異常・倦怠感など新型コロナウイルス感染を疑う症状がある場合や濃厚接触者となった可能性のある場合に鼻咽頭ぬぐい液を採取して検査をします。
PCR検査よりも感度はやや劣りますが、15分で結果が出ます。PCR検査との一致率は89%です。抗原検査で陽性の場合は、PCR検査でも100%陽性になります。偽陰性率(結果が陰性でも実際は陽性の場合)はPCR検査よりも若干高くなることをご承知おきください。
2021.1.8【当院でお産をされる方に】
新型コロナウイルスの急激な感染拡大が続いており、再び緊急事態宣言が出されました。当院では、お産をされる予定の妊娠36週と妊娠39週の妊婦さん全てを対象に、唾液を採取して頂き、PCR検査を行政検査として実施しています(無料)。今までに約750件のPCR検査を実施しましたが、陽性の方は出ていません(1月8日現在)。
引き続き、マスクの着用、手洗い、手指消毒を励行して頂き、不要不急の外出は自粛し人混みや会食は絶対に避けてください。家族の方も協力し、新型コロナウイルスを家庭内に持ち込まないように水際対策を徹底しましょう。感染した妊婦さんの約60%は家庭内感染です。
また、発熱や体調の悪い方は、来院される前に必ず電話連絡をしてください。直接の来院は、他の妊婦さんへ感染を広げる可能性がありますのでご遠慮ください。
里帰り分娩などで遠方より来られる方は、約2週間実家などで待機して頂き、発熱などの体調変化の無いことを確認してください。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、皆さま方のご理解とご協力をお願い致します。
2021.1.1【明けましておめでとうございます】
新型コロナウイルス感染症の収束を願い、皆さまのご健康とご多幸を お祈り致します。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2020.12.21【インフルエンザワクチン接種終了】
当院でのインフルエンザワクチン接種は終了しました。
2020.12.1【年末年始の休診】
12月30日(水)~1月3日(日)は年末年始で休診になります。なお、休診中でもお産の入院や破水・切迫早産などの産科救急は受け付けております。
2020.9.18【インフルエンザワクチン接種開始】
10月1日よりインフルエンザワクチンの接種を開始します。今年は新型コロナウイルス(COVID-19)感染が心配されるため、また、妊娠中の重症化を防止するためにも早めの接種をお勧めします。摂取を希望される方は受付でお申し込みください。
2020.7.15【休診のお知らせ】
8月15日(土)は当院の創立記念日で休診になりますので、ご了承ください。
2020.6.15【当院でお産をされる方のPCR検査の実施】
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染に気付かずにお産をすると、生まれてきた赤ちゃんの感染リスクが高まったり、長時間のお産でお母さんが重症化したり、分娩室で院内感染が起こると他の妊婦さんのお産が出来なくなってしまいます。そこで、当院でお産をする方を対象にお産前(妊娠36週以降)にだ液あるいは鼻咽頭ぬぐい液を採取して、PCR検査を実施します。検査費用は無料(公費)です。
2020.4.7【緊急事態宣言発令による診療制限について】
新型コロナウイルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言が出されました。これを受け、当院では次の診療制限を行います。●外来診療を受けられる方は、受信されるご本人様のみの来院とし、付き添いの方の来院はご遠慮ください。●母親教室は全て中止します。●分娩室での感染リスクを減らすため、夫立ち会い分娩はご遠慮願います。●里帰り分娩は推奨しません。里帰りされる方は実家で2週間待機し、発熱など体調変化の無いことを確認してご連絡ください。
2020.3.6【新型コロナウイルス感染症に伴う面会制限】
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、入院患者様の安全確保のため、面会制限を行います。ご迷惑をおかけしますが、諸般の事情を鑑みご理解とご協力をお願いします。[制限内容]●面会はご主人様のみ、●面会時間内の30分間